Tokyo,
2017年
11月
8日
|
04:00
Asia/Tokyo

ブッキング・ドットコム、UEFAの宿泊施設およびアトラクション予約の公式パートナーに

4年間の契約で、UEFA EURO 2020™を含む10の大会と500試合をサポート

[2017118日 :日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)はこの度、UEFA(欧州サッカー連盟)とのパートナー提携を発表しました。2018年〜2022年に渡る独占提携となり、宿泊施設やアトラクション(滞在地での観光スポットやアクティビティなど)の予約の公式パートナーとして4年間に全選手権および、試合をサポートします。これにはUEFA EURO 2020™UEFA EURO 20202022 FIFAワールドカップの欧州予選、UEFA U-21欧州選手権20192021UEFA欧州女子選手権20212019年から新しく始まるUEFAネーションズリーグ等が含まれます。

世界各国、12万以上の都市にある150万軒以上の宿泊施設を掲載しているブッキング・ドットコムでは、UEFAの大会が開催される場所での予約はもちろん、様々なタイプの宿泊施設や、滞在地での観光スポットやアクティビティを提案し、55以上の国から観戦に訪れるサッカーファンを取り込むような旅づくりをお手伝いします。

ブッキング・ドットコムのマーケティング最高責任者(CMO)、パパイン・ライヴァースは次のように述べています。

「応援しているチームの試合観戦は、テレビであっても生であっても最高に盛り上がるものです。来年から4年間、UEFAと提携し、ブッキング・ドットコムの多くのユーザーが愛する『サッカー』と『旅』のふたつを結びつけることができることを、嬉しく思います。UEFAとともに、サッカーファンが一生の思い出になる旅づくりができるよう、これからもサポートします。」

UEFA Events SAのマーケティング・ディレクター、ガイローラン・エプスタインは次のように述べています。

「近年旅行の形態は大きく変わりつつあり、その中でブッキング・ドットコムは宿泊予約サイトの代表的存在であり、世界最大級のデジタル・マーケットとして時代を牽引しています。そんなブッキング・ドットコムとのパートナー提携を発表できることをとても嬉しく思います。UEFA EURO 2020観戦のために現地まで足を運ぶ何百万のサポーターにとって、自宅のようにくつろげる滞在場所探しは非常に重要です。このパートナー提携で、全13の大会開催地への旅の計画がさらに簡単になることを願っています。」

ブッキング・ドットコムは2018年から4年間、UEFAの宿泊施設および、アトラクション予約の公式パートナーとして広告やプロモーション、イベント等に登場するほか、UEFAとともに様々なキャンペーンでパートナー提携についての周知活動や説明の場を設ける予定です。