Tokyo,
2016年
6月
13日
|
09:50
Asia/Tokyo

UEFA EURO(欧州選手権)開催中! ブッキング・ドットコム、期間中フランスへの旅行者が多い国ランキングを発表

サッカーファン必見のスタジアム周辺ホテルガイド

[2016年6月13日 :日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:ジェームス・ホワイトモア 以下:ブッキング・ドットコム・ジャパン)は、UEFA欧州選手権の期間中フランスへの旅行者が多い国ランキングを発表しました。※ 24ヶ国のチームが10会場で51試合を繰り広げ欧州王者を決定するUEFA欧州選手権、フランスでの開催は今回が3度目です。4年に1度の欧州最大のサッカー選手権がフランスに帰ってきました。

期間中フランスへの旅行者が多い国ランキング(2016年6月10日~7月10日)

1位 フランス

2位 イギリス

3位 ドイツ

4位 ベルギー

5位 スイス

6位 オランダ

7位 アメリカ

8位 スペイン

9 位 オーストラリア

10位 オーストリア

ブッキング・ドットコムで期間中最も多く予約しているのは、開催国であるフランスの国内旅行者です。それに僅差で続くのが、試合を実際に見たいというイギリスとドイツの熱狂的なサポーターで、大会期間中にブッキング・ドットコムで特に予約が集中している宿泊施設タイプはホテルとB&Bとなっています。*

この夏フランスに来られない方も、ブッキング・ドットコムでは、ユーザーがオススメする旅行とスポーツ観戦を同時に楽しめる旅先をたくさんご紹介しています。ユーザーから寄せられた2,600万件以上の情報によると、サッカーファンに人気の目的地トップ3は、ボルシア・ドルトムント、シャルケ、レバークーゼンなどの強豪チームの本拠地であるドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州を筆頭に、スペインのバレンシア、イギリスのミッドランドとなっています。

スタジアム周辺の施設まとめ

UEFA欧州選手権を観戦するために大規模な収容人数を誇る各スタジアム周辺のお手頃な宿泊施設を探している方も、近場で雰囲気を気軽に楽しみたい方にもおすすめのホテルをご紹介します。

1.テラス オテル モンマルトル バイ MH(パリ)

モンマルトル地区の中心部にある19世紀の建物を利用したホテル。欧州選手権の決勝が開催されるスタッド・ド・フランスへ車でわずか15分、パルク・デ・プランスへも車で24分という、サッカーファンにはまさに理想的な場所にあり、薄型衛星テレビと無料Wi-Fiを利用できるのも全試合を観戦できるのもうれしいポイントです。

2.グランド ホテル ボーヴォ マルセイユ ヴュー ポル Mギャラリー コレクション(マルセイユ)

スタッド・ヴェロドロームまでわずか12分のマルセイユ中心部にあるこの4つ星ホテルは、無料Wi-Fiを完備し、温かい料理と冷たい料理を豊富にそろえたルームサービスは24時間対応なので、ゴールの瞬間を見逃すこともありません。

3. キリヤード プレステージュ リヨン エスト サン プリースト ユーロエキスポ(サン・プリースト)

準決勝が行われるスタッド・ド・リヨンの近くに位置するホテルで、試合の経過も高速Wi-Fiですばやくチェックできます。国際チャンネル付きの薄型テレビは多言語に対応で観戦できます。

 

 

 

 

 

 

4. ホテル バリエール リール(リール)

準々決勝が行われるスタッド・ピエール=モーロワまで車でたった14分ですスタジアムに向かう前にホテル近辺の散策も楽しめます。

5. クロ デミール(ボルドー)

ボルドー市内中心部に位置し、ヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーにも近いスタイリッシュなB&Bで、無料Wi-Fi、薄型テレビも備えた客室で、勝利を祝って地元のワインで盛りあがるのも良いでしょう。

6. マス ドゥ タロディエール(サン・テティエンヌ)

スタッド・ジェフロワ=ギシャールで手に汗握る熱戦が始まるまでの時間をリラックスして過ごすには、無料Wi-Fiを備え、静かな屋外プールもあるこのゲストハウスが試合前の興奮を落ち着かせるにはぴったりです。

* 本データの詳細につきましては、開示しておりません。予めご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。