Japan,
2019年
10月
18日
|
04:00
Asia/Tokyo

不気味な部屋を再現!ブッキング・ドットコムが提供する 「アダムス・ファミリーの館」での究極のハロウィン体験

アダムス・ファミリーの最新CGアニメーション映画の全米公開を記念して、 スリル満点の宿泊施設を期間限定で提供

【2019年10月18日:日本発表】
 
アダムス・ファミリーの最新アニメーション映画が2019年10月11日に全米公開されることを記念し、数々のユニークな宿泊施設と人々を繋げる世界最大級の宿泊予約サイトBooking.comの日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、アダムス・ファミリーの邸宅を再現した宿泊施設の予約受付を日本時間2019年10月29日(火) 午前2時(10月28日12:00PM(EST))より世界同時に開始します。

 「アダムス・ファミリー」は、お化けの家族の家が舞台のホラーコメディー映画です。実写化もされた映画が、今年は3DCGアニメーション化され、ハロウィンにぴったりな映画として登場します。(日本公開日未定)

 ブッキング・ドットコムは「すべての人に、世界をより身近に体験できる自由を」を企業理念に掲げており、今回お届けするミステリアスで不気味な館での滞在は、スリルを求めるゲストにピッタリな究極の恐怖を体験できる宿泊施設です。

 アダムス・ファミリーの館は3つのベッドルームが備わる19世紀の邸宅で、約343㎡もの広さを有し、アダムス・ファミリーが長きにわたってファンに愛される由縁である薄気味悪さを見事に表しています。滞在中は、長男・パグスリーの部屋にある機械をいじったり、リビングでは長女・ウェンズデーの首無し人形で遊んだり、モーティシアの肉食植物のレプリカを見学したりできます。内装にはアダムス・ファミリーらしさが漂っており、茎だけのバラが活けられた花瓶に加え、執事ラーチの呼び鈴も用意してあります。館の探索中に手首から先だけしかないハンドに出会っても、震え上がらないようご注意ください。予約プランには、見た目が不気味な軽食や映画の上映なども含まれています。

ブルックリンのクリントン・ヒルに位置するアダムス・ファミリーの館は、2019年10月11日の映画の全米公開を記念し、1泊あたり$101.10ドルで宿泊できます。予約の受付は、日本時間10月29日2:00に開始され、10月29日~11月1日までの滞在期間に1泊ずつの貸切予約を行うことができます。

 ブッキング・ドットコムは長年にわたり、各国のランドマークや洞窟、電車の車両、ハウスボート、タイニーハウス、城、イグルーなど、世界中のユニークな宿泊施設を提供してきました。43%*の旅行者が、2019年にこれまでに泊まったことのないタイプの宿泊施設に泊まってみたいと回答し、さらに別のアンケートでも回答者の43%**が「スリルや興奮」がモチベーションの大きな要因と答えたことからも、驚くような体験の需要が高いことがうかがえます。ホテルとは異なる形態の宿泊施設も600万軒以上掲載しているブッキング・ドットコム。今回弊社が提供するアダムス・ファミリーの華麗な邸宅での滞在は、それらの宿での思い出に残る旅行体験の中でも特に豪華な体験となるでしょう。

 「アダムス・ファミリーの館」の詳細やご予約はwww.booking.com/hotel/ja/the-addams-family-mansion.htmlを、アダムス・ファミリーのアニメーション映画についての詳細はwww.addamsfamily.movie/(英語)をご覧ください。

**調査はブッキング・ドットコムによって、過去12ヶ月の間に旅行に出かけた、または今後12ヶ月間以内に出かける予定のある成人を対象に独自に行われたものです。合計で5万6,727名の回答者(内訳:アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、チリ、中国、コロンビア、ドイツ、スペイン、フランス、香港、インドネシア、インド、イタリア、日本、韓国、メキシコ、マレーシア、オランダ、ポルトガル、ロシア、シンガポール、タイ、台湾、イギリス、アメリカからそれぞれ2,000名以上、デンマーク、クロアチア、スウェーデン、ニュージーランドからそれぞれ1,000名以上)が対象となりました。調査はオンラインアンケートで2017年10月に集計されたものです。

メトロ・ゴールドウィン・メイヤーについて
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)は、さまざまなプラットフォーム向けの映画やテレビコンテンツの制作や全世界への配給を行う、有数のエンターテイメント企業です。MGMは世界最大規模の幅広い高品質な映画やテレビコンテンツに加え、ケーブルテレビや衛星放送、telcoやデジタル配給によってアメリカ全土で視聴可能な有料テレビネットワーク「EPIX」を所有しています。 さらに、MGMはあらゆるテレビ番組やデジタルプラットフォーム、インタラクティブなベンチャー企業に出資し、質の高い短時間のコンテンツを制作し、配給しています。詳細は www.mgm.comをご覧ください。