Tokyo,
2016年
11月
14日
|
14:00
Asia/Tokyo

ブッキング・ドットコム、 一元管理システム&コンテンツ・プロバイダー向け新コンテンツAPIを発表

複数の宿泊施設のコンテンツを簡単に作成・管理できる最新テクノロジー

[2016年11月15日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:ジェームス・ホワイトモア 以下:ブッキング・ドットコム)は本日、一元管理システムやコンテンツ・プロバイダー、宿泊施設運営会社に向けた新コンテンツAPI(Application Programming Interface)を発表しました。ブッキング・ドットコムはベータテストを経て、当サイトで複数の宿泊施設を掲載し、画像や施設情報、ポリシーなどのコンテンツを瞬時に一斉送信できる新APIを開発。当サイトとの直接接続により、必要な情報のアップロード時間が大幅に短縮されます。

宿泊施設運営会社は、APIへの接続に必要なコードを実装することで、ブッキング・ドットコムで宿泊施設を掲載するために必要な情報をすべて自動的に送信できるようになります。これまでは宿泊施設の画像や施設情報、ポリシーなどを宿泊施設ごとに手動でアップロードする必要があり、運営している施設数によっては数週間もの時間を要することがありました。しかし、この新しいコンテンツAPIにより、数千もの宿泊施設の情報をブッキング・ドットコムのシステムへと直接送信できるようになり、わずか数日間でコンテンツをアップロードできるようになります。

ブッキング・ドットコムのパートナーサービス・グローバルディレクター、レムコ・ヴァン・ザンテンは次のように述べています。「弊社では、パートナー施設様によりシームレスでより直観的、自動化されたプロセスを提供できるよう尽力しています。ユーザーに効果的に訴求するにはすばらしいコンテンツが不可欠で、弊社のプラットフォームで優れたユーザーエクスペリエンスを提供できれば、パートナー施設様の事業に資することもできます。そこで弊社は、宿泊施設運営会社やコンテンツ・プロバイダーなどが数十から数千軒もの宿泊施設の情報を短時間、しかも無料でブッキング・ドットコムにアップロードできるような、拡張可能なソリューションを開発しました」

他にも宿泊施設運営会社等は新しいコンテンツAPIを通じて、ブッキング・ドットコムの掲載情報を定期的にアップデートし、以下のようにコンテンツを簡単に最適化することができます。

  • 季節感のある画像、リノベーション後の画像、また新しいブランド戦略に合った画像等をタイムリーにアップロード
  • 新しいポリシーや施設情報を瞬時に追加
  • 新しい客室タイプや限定キャンペーンや料金を短時間で一斉アップロード

ICE Portal社のヘンリー・ウッドマン社長は次のように述べています。「弊社では多くの国際的なホテルチェーンのビジュアル・コンテンツを、複数の販売チャネルを通じて管理していますが、ブッキング・ドットコムのコンテンツAPIはとても貴重なサービスです。ブッキング・ドットコムの新しいコンテンツAPIは簡単に実装でき、何千軒もの宿泊施設の画像をほぼ瞬時にアップデートできるので、数週間もの期間を要する大がかりなプロジェクトだったものが、今では簡単な作業になりました。ブッキング・ドットコムとのパートナーシップを通じて、弊社のクライアントであるホテルチェーンのビジュアル・コンテンツをより適切に管理できるようになっています」

■アクセス方法

ブッキング・ドットコムにすでにご登録いただいている宿泊施設運営会社様】

専用ポータル(https://connect.booking.com)から、新コンテンツAPIの仕様書にアクセスできます。

【ブッキング・ドットコムに登録されていない場合】

connectivity@booking.com宛てにメールを送信していただければ、プロバイダーの認定手続きについてお知らせいたします。認定後、新コンテンツAPIの仕様書にアクセスできます。