Tokyo,
2017年
2月
6日
|
10:00
Asia/Tokyo

ブッキング・ドットコム、サステイナブル・ツーリズム関連の新規事業を サポートするアクセラレーター・プログラムを発表

3週間の「ブッキング・ドットコム・ブースター」プログラムの審査を経て、最大7,000万円※相当の 助成金を支給

[2017年2月6日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイトBooking.com(ブッキング・ドットコム)の日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表:アダム・ブラウンステイン、以下:ブッキング・ドットコム)は、独自のアクセラレーター・プログラム「ブッキング・ドットコム・ブースター(Booking.com Booster)」を開始することを発表しました。このプログラムでは、2017年6月に3週間に渡って、世界各国から集まったサステイナブル・ツーリズム(持続可能な観光)関連のスタートアップ企業をアムステルダム本社にて審査し、選考された企業に対してコンサルティングや最大50万ポンド(約7,000万円)の助成金支給を行います。

※2017/02/01 のレート(500,000 GBP)で円換算しています。

ブッキング・ドットコムでは、社員が地元のNGOや企業と連携し、それぞれの地域における旅行・観光業の保全・発展に貢献するボランティア・プログラム「Booking.com Cares(ブッキング・ドットコム・ケアーズ)」に取り組んでいますが、ブッキング・ドットコム・ブースターはその派生プログラムとして、「環境」、「文化遺産」、「包括的な成長」のテーマでサステイナブル・ツーリズムに携わり、地域経済やコミュニティの発展に寄与しているスタートアップ企業をサポートしていきます。

ブッキング・ドットコムCEOのギリアン・タンズは次のように述べています。

「ブッキング・ドットコムのミッションは、旅行者が世界のあらゆる場所を発見するお手伝いをしていくことです。かけがえのない美しさを誇る目的地は世界各地にありますが、そのような場所があって当然と思うべきではありません。ブッキング・ドットコム・ブースターでは、サステイナブル・ツーリズムに携わるベンチャー企業が世界各地で最大限に貢献できるよう、その成長を支援していきます。優れたスタートアップ企業を特定して助成金を支給し、ブッキング・ドットコムのノウハウを共有しながら協力していくことで、大切な目的地の将来を守るための最善の方法が見つかるでしょう。こうした取り組みによって、はるか先の世代まで、美しい目的地のすばらしさを体験することができると思います。」

ブッキング・ドットコム・ブースターはパートナー団体「Impact Hub」の協力のもとで企画されました。スタートアップ企業をアムステルダム本社に招待し、3週間に渡って業界専門家によるワークショップやレクチャー、コーチングを実施。最後に、スタートアップ企業が助成金を勝ち取るためにプレゼンテーションを行うことになります。さらにプログラム終了後にも、数ヶ月に渡りBooking.comの専門家 によるメンタリングが毎週行われます。

ブッキング・ドットコム・ブースター・プログラムへの応募方法など、詳細については、〈www.booking.com/booster〉 にアクセスしてください(英語) 。

応募期限は2017年3月1日です。世界各地のスタートアップ企業からの応募をお待ちしております。