Tokyo,
2017年
1月
11日
|
03:45
Asia/Tokyo

ブッキング・ドットコム、2016年の予約データを元に最も人気な渡航都市を発表

日本人が大好きなあの国の渡航都市第1位はやはりあそこだった!?

[2017年1月11日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com(ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、2016年の年内旅行データを集計し発表しました。2016年の日本からの人気の渡航先、1位はアメリカで、その次に日本から行きやすいアジアの台湾、韓国が続いています。また、今回はアメリカ国内の人気都市トップ10もまとめており、ハワイのホノルルが1位、ニューヨーク、ロサンゼルスと、アメリカの大都市がトップ3につづいています。

本データは、2016年1月1日から2016年12月31日までの月末までのブッキング・ドットコムでの予約数を元にランキングしたものです。国土交通省によれば、2016年の訪日客が概ね2400万人を超えるとしています。ますますインバウンドのモメンタムが高まる中、日本へのインバウンドの旅行者と、日本からのアウトバウンドのブッキング・ドットコムのデータを開示いたしました。

2016年日本への渡航国ランキング(インバウンド)

2015年、2016年で大きい変化が見られた国はあまりない中、引き続き中国が第1位。2015年5位だった韓国が3位にランクアップしています。香港とタイが1つずつランクダウンする結果となりました。依然として、日本への渡航国はアジア圏の国々が圧倒的となりました。

2016年日本からの渡航先ランキング(アウトバウンド)

日本から行きやすいアジアが多くランクインする中、常に人気のアメリカが1位、他にもイタリアやドイツ、フランス、イギリスがトップ10入りしています。では次に、アメリカでもどの都市が日本から人気なのかを調べました。

■日本からのアウトバウンド第1位のアメリカで、さらに日本人旅行者の予約が多かった都市

それでは、日本からの渡航国第1位のアメリカの中で、特にどの都市が人気なのでしょうか。1位はやはりハワイのホノルル、続いてニューヨーク。ロサンゼルスと人気の3都市が並びます。ハワイはパッケージ旅行でいくという印象の強い旅行先ですが、個人手配で予約する旅先としても人気となっていることがわかります。 

■中国人はどこに渡航していたのか

訪日客第1位の中国人旅行者は、2016年はどの国への渡航が多かったのでしょうか。第1位は、2015年同様日本となりました。ベスト10の順位を見てみると、オーストラリアが2015年の10位から7位へ、10位以下では、ベトナムが18位から13位とランクアップしているのが興味深い結果となりました。ちなみに韓国はトップ10外の12位でした。

* 本データの詳細につきましては、開示しておりません。予めご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。