Tokyo,
2017年
3月
28日
|
05:14
Asia/Tokyo

世界13カ国に聞いた「旅行に欠かせない要素」を発表。日本人は意外とこだわりが薄い?!

[2017年3月27日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、世界の人を対象に、施設の条件や設備、サービスなど「旅行に欠かせない要素」についての調査を行い、国別、年齢別で結果を発表いたしました。

本データの調査時期は、2016年9月。日本を含む世界13ヶ国、1万2,781名を対象にしており、2016年に少なくとも1回旅行へ行き、2017年に1回以上の旅行を計画していて、旅行計画の意思決定にかかわっている18歳以上の人を対象にしました。

国別の「安全なロケーション」の次に旅行に欠かせない要素

実施された調査で、施設の条件や設備、サービスなど「旅行に欠かせない要素」 について聞いたところ、すべての国でトップだったのが「安全なロケーション」でした。下記に、2番目に欠かせない要素を国別にまとめました。

日本人として旅行に欠かせない要素

日本人は、「安全なロケーション」につづき、「お部屋のエアコン」、「スタッフが日本語を話せること」、「おいしい朝食」、「スパや温泉」がランクインしました。

国別こだわりランキング

「宿泊施設に自分がこだわりたい施設の条件や設備、サービスがなくても宿泊しますか?」という質問に対し、宿泊しないと答えた旅行者の数を国別で見ると、各国民のこだわりの強さが垣間見えます。「宿泊しない」と答えた旅行者が多かった国のランキングは以下のとおりです。日本は、13位にランクインし、他国に比べ最もこだわりが低いことがわかります。

年齢層別こだわりランキング

こだわりたいサービスや設備がない場合は、「宿泊しない」と答えた旅行者の、「宿泊施設へのこだわり」ランキングは、年齢別で以下の通りになりました。各年齢でトップにランクインした、「安全なロケーション」を除いた、各年齢層が重視する施設や設備、サービスのトップ5は以下の通りです。35歳~18歳の旅行者は、1位にプロフェッショナルで親切なスタッフがランクインするのに対し、36歳~65歳の旅行者はお部屋のエアコンである空調を最も重要視することがわかりました。